品質と生産性をアップ!

業務改善コンサルテーション

事故
トラブルの
削減

多能工化
(マルチ化) による
現状人員での
戦力強化

ムダ、ロスを
なくし
品質向上と
効率化を両立

真の効率化の
結果として
残業を大幅に
削減し
生産性を向上

改善と
品質向上を通じた
職場の組織力の
向上と
事務のプロの育成


サービスメニュー

様々な切り口での
ヒアリングを通じた
現状分析

まず現状の問題点を洗い出し、その原因を深く掘り下げ、またそれらの相関関係を明らかにします。
守秘義務契約を締結した上で、クライアント様のご協力をいただきながら、職階層(経営、中間、担当等)、業務領域等の複数の切り口でヒアリングを行い、調査と分析を行います。
その結果を整理し、クライアント様と認識の摺合せが整ったところから改善がスタートします。

資料サンプル

現状分析を踏まえた
改善プログラムのご提案

現状分析を踏まえ、そこで明らかになった問題点をどのような方法で改善、解決するかについての具体的な方法、手順、取り組み方をご提案します。
クライアント様の現状とニーズを十分に反映させた、実行可能なプログラムをご提示します。

資料サンプル

改善プログラム実行に必要な
ノウハウ、スキル習得のための
研修

改善を実行するためには、問題のとらえ方、その解決のために必要な基礎知識とスキルを学ぶ必要があります。
また、これらをプロジェクト内、さらには社内の「共通言語」とすることにより、効果的・効率的な改善が可能となります。
そのために必要な、実務と研究の実績に基づき体系化されたオンリーワンのセミナーを、研修経験豊富なトップクラスの講師がご提供します。

資料サンプル


標準化、効率化に必要な
ツール、モデルのご提供

事故防止や生産性向上のためには、業務の標準化が必須です。
オフィス業務は「属人化」しやすい傾向があるため、標準化の必要性を理解した上で、ツールを活用しながら進めていく必要があります。
フローチャート、手順書等のツールの活用方法について具体的にご提示します。

資料サンプル

改善プロジェクト
立ち上げサポート

ノウハウを学び、ツールがそろったところで、実際に人が集まり、共通の目標に向かって協力しあいながら活動を開始する必要があります。
一方で、日常業務を行いながらあらたな任務を遂行していくことは容易ではありません。
クライアント様の方針、ニーズを実現するために、専門家の立場から、ミーティングのファシリテーター等の形でプロジェクトの立ち上げをお手伝いします。

改善プロジェクト運営サポート

一旦進み出した改善プロジェクトも、その途上ではさまざまな問題に遭遇するものです。
知識として学んだことが実務の中で十分に活用できない、ツールの使い方が難しい、当初は認識できていなかった当らたな問題を発見したなどの問題の解決には相応のエネルギーを要します。
また、これらの問題への適切に対応できないと、改善プロジェクトが停滞し、当初の目的を達成できないことにもなりかねません。
弊社はミーティングでのファシリテーター、アドバイザーとして、また新たな問題に対する原因分析や対策立案に関してお手伝いします。



ご利用の流れ

1. お気軽にご相談ください(初回無料)

   ↓

2. 費用をお見積りし、守秘義務契約を締結します

   ↓

3. 職階層別、領域別などの切り口でのヒアリングを含め、貴社の現状を調査します

   ↓

4. 現状分析結果を踏まえ、改善のためのプログラムをご提案します

   ↓

5. 改善に必要なノウハウ、スキルに関する研修を実施します

   ↓

6. 貴社の改善プロジェクト立ち上げを、サポートします

   ↓

7. プロジェクト運営の過程で浮上する問題の解決をサポートします

   ↓

8. 改善状況の評価および組織内定着化をサポートします