2019年11月 · 11月 09日, 2019年
 仕事の計画を確実に達成したい!誰しも願うことであり、また、世の中にはこのテーマでの書籍、セミナーがたくさんあります。私自身、若いころからこのテーマに真剣に取り組んできました。昔は手帳で、その後はデジタルツールを活用して、ライフプラン→5年計画→今年の計画→四半期ごと→月次→週次→今日の行動、とブレイクダウンしながら管理しています。現在は、エクセルシートで作成した「ライフプランシート」をベースに運営し、週末や月末などの区切りの時点で、タスクごとに「○」「△」「×」で達成度を確認しています。そして「△」や「×」に関しては未達の理由を振り返って、その後の計画の立て方や自分の行動の改善につながるよう努力しています。「△」や「×」ばかりで情けなくなることも多々ありますが、冷静にその理由を考えて前に進むように心掛けています。また、後から飛び込んできた仕事の影響で当初の計画どおりいかなくても、その仕事が中長期的に見て価値があればそれを優先した価値あり、と考えるようにもしています。  このやり方は長年にわたり少しずつブラッシュアップしながら、自分にふさわしいい方法としてかなり定着してきたと感じていますが、最近、ひとつの重要なポイントに気付きました。それは、「今月の計画」に設定したタスクが月末時点で「○」となるための具体的な条件を月初に可能な限り、具体的に定義する必要がある、ということです。  例えば、「○○業界向けサービスの開発」というタスクの場合には、今月末時点で「標準化サポートのアプリ開発の打ち合わせを開始している」とか「プレゼン用のパワーポイントが完成している」などの具体的なゴールを明確しておくということです。このような具体的なマイルストーンがあって初めてまとまった課題が達成できるのであり、特に月をまたいでタスクが進行する場合は、「今月末」の姿を明確にしていないと成り行きで翌月にずれ込むリスクがあります。  これは当たり前のことなので、すでに実行している方からは「今頃気が付いたの?」と言われそうですが、今月から実践・活用しています。今年もあと2か月を切りましたが、2019年をこの方法で締めくくりたいと思います。 #タスク管理 #プロジェクト #計画
2019年11月 · 11月 03日, 2019年
 毎週日曜日は、井の頭公園から多摩川上水を散歩しています。そして、公園敷地内の、知る人ぞ知る?茶屋を訪れるのがお決まりのコース。  いつも開店とほぼ同時に入店し、お店の従業員の方と季節の話題などをお話してからひとりランチを楽しんでいます。店内から公園の木々を眺めていると、一週間の疲れや迷いが癒され、とてもいい気分になれます。...

2019年10月 · 10月 31日, 2019年
 「混雑の影響などで一部の列車に遅れが出ています」というアラートがスマホに入ることがよくあります。あ~、またか・・・と読み流していましたが、今朝、ふと「おかしい?!」と感じました。...
2019年10月 · 10月 24日, 2019年
 組織のトップが並んで深々と頭を下げて謝罪している写真を新聞でよく目にします。あまりの数の多さに、驚きや怒りを越えて、「またか・・・」とうんざりする気持ちにすらなります。...

2019年10月 · 10月 22日, 2019年
 先日、大学院時代の研究室の合宿が早稲田大学軽井沢セミナーハウスで行われ、恩師の吉本一穂先生の依頼で、学生・院生に講演をする機会をいただきました。...
2019年10月 · 10月 13日, 2019年
 血圧管理のための薬をいつもの薬局で受け取り、帰宅した袋から出すと、まるで違う名前の薬が入っていました。驚いてその薬局に電話をすると、すでに営業時間が終わっていたため留守電に状況を伝えるメッセージを入れました。  翌朝、薬局からお詫びの電話があり、本来受け取るべき薬を郵送してくれるとのことでひとまず落着しました。...

2019年10月 · 10月 03日, 2019年
 本日は弊社創業3周年の日です。  これまで多くの方がたのご支援、ご協力、ご指導をいただきましたこと、心から御礼申し上げます。 「3年」という時間が、私には5年くらいに感じられます。それだけ充実した時間を過ごしてきたということか?と噛みしめています。...
2019年9月 · 9月 24日, 2019年
 ブログを書き始めて4か月が過ぎました。 これまで、読んでいただいたみなさんにまず心からお礼申し上げます。  実は、文体がいつの間にか「である」調にかわっていることに気付きました。そして、自分のことを書くと、「です・ます」調の方が書きやすいことにも気付きました。...

2019年9月 · 9月 18日, 2019年
「それはあとで女の子に頼んでやってもらえばいいよ。」 これは、今からちょうど40年前、私が信託銀行に入社し、社会人1年生として働いていたときにたまに耳にする会話だった。 「女の子」とは女子社員のことであり、「それ」とは比較的単純な作業である場合が多かった。...
2019年9月 · 9月 04日, 2019年
 社会人の立場で学んだ早稲田大学理工学術院創造理工学研究科経営デザイン専攻時代の恩師、光國光七郎先生から本書を頂戴し、懸命に読んだ。...

さらに表示する